Story

ストーリー

息詰まるトリックストーリー。 息を呑むSFX・アクション。 手に汗握る136分!

伝説の泥棒マカオ・パク。彼が招集した、最強の韓国、中国チーム10人が、 幻のダイヤモンド“太陽の涙”の強奪に挑むアクション。 「10人の泥棒たち」がソウル・香港・マカオ・プサンを舞台に強奪計画を進めるなか、 その強奪計画のウラにあるのは、リーダー マカオ・パクの野心と招集されたメンバー それぞれが抱く野心だった…。 ハリウッド・香港映画級のスタントなしのダイナミックかつ スピーディーなアクションは必見。 また、息詰まるトリックストーリーは、 これまでの韓国映画に対する印象を覆すこと間違いなし。

『シュリ』をも超えた! 韓国映画史上動員記録No.1ヒット作!

韓流映画の流れを変えた アジア最高峰アクションエンターテインメント!

練に練られた緻密なストーリーを彩るように、 華麗なロープ使いを駆使した生身のワイアーアクション、 迫力にみちた銃撃シーンなど、ソウル、香港、マカオ、釜山と大都市を渡りながら、 ダイナミックな本物のライブ・アクションが繰り広げられていく。 盗むために建物に忍び込み、 危険な状況のなか脱出を試みる泥棒アクションはチェ・ドンフン監督お手の物。 これまでになくスピーディでリアルなアクションを描き出している。 また、泥棒のプロたちが魅せる華麗なる盗みのテクニックも見ものだ。 色香で落とし、演技で騙し、精密な技で金庫を破る…。 最終的に“太陽の涙”を握りしめるのは一体誰なのか、ラストシーンまで予想することができない。

撮影は、韓国、香港、マカオで壮大なロケを敢行。 マカオにあるアジア最大の本格的カジノリゾートである シティ・オブ・ドリームスが全面協力し、 実在するカジノリゾートをふんだんに使用したリアリティ溢れる映像も迫力だ。 古い裏通りと最先端の建物が共存する都市・香港と、 昼の静けさと夜の華々しさを兼ね備えたマカオの魅力が余すところなく収められている。 チェ・ドンフン監督は、都市を単なる背景としての空間ではなく、 泥棒チームたちが生きて呼吸する犯罪の舞台として映し出した。 一つの目標のために集まったものの、生き方も目的も異なる10人。 それぞれの欲望を垣間みせる場所となる香港の古いアパートは、 10年間廃屋となっていた建物をリフォームし、あらゆる欲望が交差する場所として描いている。 準備する裏通りのアパートと犯罪劇のステージとなるきらびやかなカジノの相反するイメージは、 泥棒たちの欲望と都市がもつ固有の魅力を調和させ、観る者を圧倒していく。

このコメントは、映画公開前試写会にて寄せられたものです。